呼吸器内科

●当院の呼吸器科では、日本呼吸器学会指導医の呼吸器専門医が診療を担当しています。

最新の呼吸器疾患診療ガイドラインに基づきながら、個々の患者さんに合った丁寧な診療をこころがけています。

呼吸器の病気には、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、COPD)、気管支拡張症、細菌性肺炎、肺抗酸菌症(肺結核、非結核性抗酸菌症)、肺真菌症、間質性肺炎(肺線維症)、肺がん、睡眠時無呼吸症候群など、さまざまなものがあります。当科では、これらの疾患全般について対応しています。

また、必要に応じて東葛クリニック病院(本院)で胸部CTや呼吸機能検査を行っています。

なお、気道のアレルギー性炎症の指標となるNO測定器(呼気一酸化窒素濃度測定器)の導入を予定しています。咳や痰が続くときや息切れがするときなどには、重大な病気が潜んでいる危険性があり、呼吸器内科を早めに受診することをおすすめいたします。

PAGETOP
Copyright © Tokatsu-Clinic Group. All Rights Reserved.